SONY MDR-CD900STのケーブル交換

以前、SONY MDR-CD900STのイヤーパッド交換という記事をあげました。

イヤーパッドが劣化する程度にはある程度の期間使っていたわけで、

ケーブルもいろいろな動きの中で劣化していた為、若干断線しかかっている部分がありました。

本当は、その時に一緒に交換したかったんですが、ケーブルの購入が間に合ってなかったため、今回になってしまいました。

 

で、まずは前回と同様、イヤーパッドを取り外します。

今回は、プラグのついた長いケーブルのみの交換ということで、L側のパッドだけ外します。

IMG_6018

ここの4つのネジを外します。

以下のような感じになるんですが、中にケーブルがあるので、一気に開くと負荷がかかります。ちゃんと中を確認しながら。

IMG_6020

IMG_6021

わかりやすく見える「赤の線」と「白の線」。そして、その下にある二股に分かれている線の「間にある黒い線」が今回のケーブルです。

二股に分かれている線は、R側につながっている線です。ここに負荷がかかってケーブルきったりすると色々面倒です。気をつけましょう。

 

半田ごてを軽く当ててケーブルを軽く引っ張ればとれます。

IMG_6022

こんな感じ。作業をするときは、どこにどれをつなげば良いのか、しっかり把握してやりましょう。

で、購入してきたケーブルを接続。上の写真で言うと

9時の方向に黒い線、6時の方向に赤い線、3時の方向に白い線をつなぎます。

赤く塗ってあるハンダの部分は何もつなぎません。

つないだ後、戻すのはもう同じ光景ですので写真は無いですが・・・

あとは、音を流してみて、左右とも正常に聞けるかどうかを確認して、問題が無ければ

ねじを締め、イヤーパッドをつけ直して完了です。

 

IMG_6023

MDR-CD900STはプロユースの商品なので、改造のしやすさはトップクラス。

パーツがすべて販売されてます。

ケーブルを正規のものに交換するだけならば本当に簡単にできてしまいます。

ケーブルはジャックがついているものが3000円程度で購入可能です。

あとは半田ごて、半田、ぐらいでしょうか?

 

ケーブルに関するユーザーの中でやられている改造としては、4芯化というのもあるので、余裕があるときにやってみようと思います。

 

 

そんなこんなで、ケーブル交換作業でしたー。