デジモン15周年記念イベント、そして・・・!?

8月1日。
選ばれし子供達7人が、キャンプ場からデジタルワールドへ旅立ったあの日。

あの冒険から、15年の月日が流れ、
2014年8月1日、
「デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Project」の一環として、
「デジモンアドベンチャー 15th Anniversary Event -今、冒険が進化する-」
が開催されました。

digimon01

正直、このタイミングでやってくることは想像していなかったので、発表があった際は本気で驚きました。

会場はお台場。
デジモンという作品にとって、お台場は外すことのできない重要なスポットになっており、そこで開催になりました。
残念ながら、キャパシティが大きい会場があるわけでもないので、現場に行けないファンも大勢いたわけですが、ニコニコ生放送で、カットもなく配信が行われていました。

司会は松澤千晶アナウンサー。
業界的には、司会者というと鷲崎健、吉田尚記、というTOP2がいますが(特に吉田さんはアナウンサーですし)
今回は松澤さんで正解かと。

松澤さん、詳しくは存じないですが、29歳ということで、15年前というと14歳。中学生の時にデジモンアドベンチャーを見ていた世代な訳です。
僕は当時まだ小学生でしたが、
同じように子供時代に作品をみて、影響を受けて育っている世代ということで、強い親近感を持ってイベントを楽しむことができました。

さて、冒頭のカウントダウンから、
アグモンの声で「デジモン進化ー!」
正直あれだけで涙腺がやばかったですが。。。

宮崎歩さんがデジヴァイスを掲げながら登場。
進化のテーマ、Breave Heartを歌われました。

デジモン世代からしたら、
何もなくても頭に曲がながれるレベル。
そんな曲がきて高まらないわけもなく。心の中で歌いながら、聴かせていただきました。

そして歌終了後、一旦はけ、
司会の松澤さんが大号泣で登場。わかるけどもww
この人でよかった、と思った瞬間でしたね。

前説ののち、呼び込み。
宮崎さんに続き、AiMさん(前田愛さん)、和田浩司さんが登壇されました。
特に和田さんについては、ご存知の方も多いように、
病気をされ、歌手活動を休止されていましたが、昨年、復帰され、ライブなどを行われていました。

こういう形で、改めてデジモンのイベントで見ることができて、本当に嬉しかったです。

そんな和田さんは暑いのにベルゼブモンのジャケットをきて登場。
カッコイイですね。欲しいですけど手が届きません。高いです。

そして当時のことについてトークが。
レコーディングやアフレコ当時のエピソード。
家庭環境の描写、絆などの話、
全員の性格が多種多様なので、自分と一緒なキャラクターを見つけられる、など、作品のよさを語っていました。

少しして、小さい声でなにかが聞こえました。
確実にアグモンの声。AiMさんの呼びかけでもう一度声がし、
アグモン役の坂本千夏さん、ガブモン役の山口眞弓さんが登壇。
出演者である三人をメインに、本編のお気に入りシーンや、アフレコのエピソードを語られました。

digimon02

AiMさんは、ミミ役として、やはりラスト。
帽子が飛んでいったあとの電車から手を振るシーンをセレクト。
やはり重要なシーンですね。
山口さんは、ガブモンがヤマトを励ますシーン。
太一たちがピエモンと戦う中、闇の中で塞ぎ込むヤマトを必死に励ますガブモン。
「たった一人の君をずっとこの世界で待っていたのに」
というセリフは本当に印象的でしたね。

最後は坂本さん。
選んだのは最初のシーン。「僕、コロモン。」
アグモンというデフォルトの姿がありますが、その前の幼年期の姿があってこそ。そして、あの出会いから全てがはじまっていたわけです。
(もっと言えばパロットモン襲来の時からですが。)

進化の話題にからめて、アフレコでどのように声を出していたか、という話が。
もちろん、進化して体格が大きくなるとフォルマントシフトで声を太くしていたわけですが、かっこ良く決まるかどうかは演技次第。
ひくい声で名前を言い切るところなどは苦労された様子です。

特に、新人が多かったそうで。
今考えたらみなさんベテランですが。。。
藤田淑子さんや坂本千夏さんはそれの上をいく大ベテランですよね。

はてさて、そんな話がいろいろあり、歌手陣は一旦降壇。
坂本さんと山口さんで、僕らのウォーゲーム絡みの話をされました。

 

次に社員ぽい人が登場。事前に告知されていた、新しいデジヴァイスの話題をされました。

digimon03

そして、まさかのボルケーノ太田さん登場。
Vジャンプを見ていた方には間違いなくおなじみの方。
本人もいっていましたが、正直痩せててビックリしました。
ボルケーモンをモチーフにしており、パイルボルケーモンがでてからはパイルボルケーノ太田に進化したはずですが、いつの間にか退化したんですね。
この方、何を隠そうバンダイの人。デジモンの携帯デバイスの開発のためウィズに出向していたりと、デジモンには欠かせない存在。

今回は、初代デジヴァイスの産みの親として登壇されていました。

 

その後、AiMさんによる後期ED「keep on」、

和田さんによる02オープニング「ターゲット〜赤い衝撃〜」、「Butter-Fly」の歌唱がありました。※ちなみにですが・・・気づいた方いますかね。Butter-Flyのキー(使ってる音階)が原曲より半音低かったんです。想像ですが、復帰とはいえ、様子を見てわかる通り、喉は全快とはいかない様子。サビのメロディは喉に負担がある、という事で下げているんでしょう。それでも、こうして復帰して歌ってもらえて本当にうれしいです。またライブに行きたい。そして、サビ、「無限大な〜」の合唱。正直ゾクっとしました。この曲の力は半端ないですね。降壇後、松澤さんが登壇。各種お知らせがありました。CD、ゲーム、劇場版BDBOX、アドベンチャーBDBOXの発売情報。まあ、全部買いますよね。そしてその後、出演者が登壇して、フォトセッション。とことこ歩くアグモン可愛かったですねwフォトセッション後、休憩時間になりました。売店でウーロン茶を販売してるという話が。大爆笑でした。僕らのウォーゲームでは欠かせないアイテムですね。あれは。digimon04休憩後。僕らのウォーゲームの上映。何度見てもいい作品です。島根にパソコンなんてある訳無いんです。上映終了後・・・感激の情報が。digimon05「八神太一、17歳、高校生」「2015年春」「デジモンアドベンチャー新シリーズ製作決定」「今、再び、冒険が進化する」(アグモン)「みんな、またあえるね!」もう、何も言う事は無いでしょう。期待して待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です